エンジンにタイミングベルトを使用しているお車の場合、ほとんどが10万キロでの交換が必要になります。

タイミングベルトは、クランクシャフトの力を利用してカムシャフトを動かすベルトで、ゴムの樹脂で作られており切れにくいように繊維のワイヤーが入っいます。

クランクシャフトは、ピストンを上下に動かしカムシャフトは、バルブを開閉します。

タイミングベルトによりピストンとバルブがぶつからないで動けるだけでなく、燃焼・排気がスムーズにできる仕組みになっています。

タイミングベルトを交換せずに使用していると、ゴムは時間が経つと硬くなる性質があるあるため、亀裂などが入りやすくなりコマ飛びの原因になり最悪の場合エンジンが壊れてしまいます。

今回は、20年前のお車で9万キロほど走られていましたので交換させて頂くことになりました。

最近ではタイミングベルトを使用してないでタイミングチェーンを使用するお車がほとんどですが、年式や車種により使用されているお車もありますので、一度ご自身のお車には使用しているのかを確認し、もし使用している場合は10万キロ手前の9万キロ位で交換する事をお勧め致します。

江東区で車検をお探しなら、城東自動車整備

立会車検で親切・丁寧・安い・早い!
皆様と末永くお付き合いできる自動車整備会社を目指します!

江東区のお客様に愛されて55年! 車検はホリデー車検ベイ江東