販売車点検をしていたワゴンRで、下回りを点検しているとエンジンの下側にオイルが垂れているのを発見しました。

たどってみると、エンジンのフロントカバーについているVVTオイルコントロールバルブのガスケットからのオイルが垂れて、エンジン下部のオイルパンまで伝っていたようです。
VVTオイルコントロールバルブは、アクセル開度によりオイルの圧力をコントロールして可変バルブ機構の進角や遅角をして吸入・排気のタイミングを変えてエンジンが適切に吹け上がるようにするものです。
フロントカバー付近のオイル漏れはファンベルトに近いため、ベルトにオイルが付着してしまうと劣化が著しく早くなり、ベルトが切れてしまう原因になるので気を付けましょう。
江東区で車検をお探しなら、城東自動車整備

立会車検で親切・丁寧・安い・早い!
皆様と末永くお付き合いできる自動車整備会社を目指します!

江東区のお客様に愛されて55年! 車検はホリデー車検ベイ江東